インターネット風評被害の現状・対策・特定

ネット風評被害の現状

インターネットでは自分の名前や顔を知られることなく匿名で簡単に発言することが可能なサイトが多くありますよね。しかし、そのサイトや匿名であることを悪用して風評被害が発生しています。悪用して根拠のない書き込みやあることないことが混在している書き込みが多く有り、この書き込みが広がってしまうとその人、企業、サービス、商品などに被害が及んでしまうのです。しかも、簡単にその書き込みを削除することができないところもあるため、風評被害が広がってしまうのです。

ネット風評被害への対策

実際に掲示板やSNSを回っている最中に偶然、自分に対する書き込みがあった時、慌てる方もいるかと思いますが、まずは一旦落ち着きましょう。被害に遭った気持ちも分かるのですが、書き込みをどうにかする方法を考えましょう。その書き込みがあった掲示板やSNSのアドレスや書き込みの内容を全てコピーしておくことをおススメします。そしたら、次にそのサイトの管理人の方に依頼をしてください。依頼の仕方はお問い合わせのページがあると思いますのでそこから書き込み削除依頼をしてください。被害を最小限に食い止めることが重要です。

ネット風評被害への特定

風評被害に遭った方がいれば、加害者もいるはずですよね。しかし、匿名で投稿していることが多い為、特定することが不可能であることが多いと思います。しかし、最近は警察の方でネットへの違法な書き込みを摘発する行為を行なっているのです。摘発方法はパソコンの住所でもあるIPアドレスを利用して書き込みをした加害者を特定することが不可能ではなくなっています。一人で被害のことで悩まずに警察の方に相談して悩みを解決していきましょう。

インターネットが普及している現代で、誹謗中傷対策をする人が老若男女問わず多くなり、警察や弁護士事務所に行く人がいます。