それなりに見栄えのいいポスターの制作には配慮が必要です

コンセプト作りが基本です

キャンペーンの告知や店舗で提供する商品やサービス内容の宣伝など、ポスターは紙媒体の一つとして今も高い効果を発揮しています。そのため、デジタルコンテンツが花盛りの現在でも、その需要は実質的に減少する気配を見せません。ポスター制作時に最も重要視されることは、目的に合わせたコンセプト作りです。つまり、キャンペーンの告知なのか商品の宣伝なのかといった点から、伝えたい対象の絞り込みとその分析というマーケティング要素も加味したコンセプトの明確化が求められます。これがポスター作りの最も重要な基本作業だといえるでしょう。

ターゲットを明確にしたうえでデザインの作成が必要

出来上がったコンセプトに基づいたデザインの作成が次のステップになります。できれば、アートディレクターを責任者に置き、その下にグラフィックデザイナーが付くという形態が望ましいといえます。こうすることで、コンセプトが特定の方向に流れて行かない態勢が出来上がります。一人のデザイナーがプランニングする場合、どうしてもコンセプトの見方が偏る傾向があります。複数案を創っても往々にして異なった角度からの視点に欠けることが懸念されます。アートディレクターの指示と助言によって文字通り複数案の作成作業が容易になります。また、キャッチコピーやイラスト、写真などとの整合性についても、ディレクターの存在が重要だといえるでしょう。

印刷から設置まで確認することが大切です

以前は、デザイン部門の責任者が印刷会社と色見本を見ながら色校正を行い、必要な時間をかけて修正を繰り返すのが当たり前でした。しかし、最近はデータのデジタル化に伴い、かなりの作業が自動化されました。その結果、作業時間が飛躍的に短縮され、担当者の負担も軽減されたといえます。データのやり取りはもっぱら電子メールで十分です。かつてのように、職人がフィルムを抱えて印刷現場を走り回る必要もなくなりました。オフセット印刷技術や紙質も向上したため、出来上がりの品質も格段に良くなりました。なによりも、小ロットに対応するプリントハウスの登場は業界に大きな衝撃を与えました。出来上がったポスターが実際に設置された様子を確認することも制作サイドにとって重要な仕事です。予想したような見え方がするか、コンセプトは正しかったか、ということを実際の現場を見ながら確認することで、市場におけるポスターの役割をより深く理解することにつながります。見栄えのいいポスターを制作するには、それなりの努力と配慮が求められています。

激安コピー印刷では、会社のパンフレットや書類など多くの印刷物を刷るときに費用差がでてくるので良いです。